化粧品が原因でニキビが多くなることもあります。 それは、この化粧品を使ったから尋常性瘡ができたとか、ニキビが増えてきてしまったというようなことではなく、化粧品の成分が毛穴に詰まったりするのが原因で吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)が多くなるケースがあるとしてす。 一番ニキビに良くないのは、洗顔をしない状態で寝てしまうこと。 お化粧をしていない状態で、洗顔をしないで寝てしまっても、皮脂や外部からの汚れで毛穴を塞いでしまいます。 これが、化粧をしている状態で寝てしまったりしたら、もっと大変なことになってしまうでしょう。 化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)と皮脂(過?に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)と汚れで毛穴が詰まって、ニキビの大きな原因になってしまうのです。 昼間のメイクを落とさないのだけが原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)とは限りません。 日頃のスキンケア(つけすぎ、洗いすぎに注意しましょう。過保護にかまい過ぎるのもよくないのです)、とりわけ就寝前のスキンケアで、必要以上に油分の多い化粧品(次から次へと新しい技術、新しい成分が開発されて新商品がでますね)を使用したり、それを朝の洗顔で綺麗に落とし切れていない場合などは、やはり毛穴を塞いでニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)になってしまうことがあるものです。 このようなことから、化粧品もニキビを増やす原因になることもあるので、気をつけましょうー